まず受けに行く前に | 手コキだけでも稼げる風俗アルバイトがあるんです…
menu

まず受けに行く前に

階段に座っている女性

もし風俗の仕事をするんだったら、面接についても注意しておく必要があります。
人によっては適当に受けてしまい落とされていたりするので、あなたはそんなことにならないように気をつけましょう。
つまり、風俗だからといって舐めすぎてはいけないわけです。

では具体的に風俗の面接で何に注意しないといけないのか?
まずは喋り方について気をつけていく必要があります。
もちろんベストな喋り方は、きちんと敬語を使いこなすことです。
常識のある人だったらこんなことわざわざいう必要ないですよね。

そしてもうひとつ、身だしなみもちゃんと整えてから面接を受けましょう。
間違ってもジャージ姿などのだらしない服装で挑むことがないようにしてください。
なお風俗の面接でスーツを着ていく必要はありません。
基本的にはオシャレかつ清潔感のある私服を着ていくのが理想的です。

また風俗の面接では、さらに大切なことがひとつあります。
それは体に目立つものがついていないかどうかです。
特によく質問されるのが、タトゥーや傷などです。
目立たない程度のものであれば問題ありませんが、お客さんに普通にバレてしまうようなものがある場合は採用されない可能性があります。
なぜならそれによってお客さんが引いてしまうからです。

あとこれも当たり前のことですが、必ず時間を守って面接会場まで向かうようにしてください。
時間というのは風俗業界でも非常に厳しくチェックされます。
つまり1分でも遅刻すれば、あなたの評価はガクッと下がってしまうわけです。
たったそれだけでも門前払いされてしまうことがよくあるので、注意してもらいたいところです。